AYTURKのオヤ作り日記

トルコのカッパドキアでオヤのデザインを手掛けています。その日々の奮闘と完成までの道のりを、恥ずかしながらご紹介。

シンプル&シック/トゥーオヤ ピアス「リング」

f:id:Ayturk:20180220025736j:plain

トゥーオヤ - AYTURK/アイトゥルク

 

友人に言われたことがあります。
「花もビーズも似合わない私に、似合うデザインが欲しい」と。

たしかに・・・
オヤは、花のモチーフが多いです。
お花のモチーフを飾ると、どうしたってラブリーなデザインになる。

そうか・・・

気づいてはいたけど、ちょっとシックなデザイン欲しいかも。
私自身も、実は・・・シンプルなデザインの方が好み。

友人のこの意見以来、
新作を考えるときは、シックなデザインの作品も含めるようにしています。

シンプルで、シックなデザインは、
デイリーに、気兼ねなく使えるのも良いポイント。

リングを三つ並べたデザインは、
とってもシンプル♪
でも、パールをプラスしてエレガントにしました。

カラーは、もちろんデイリーに使える、
コーデに合わせやすい大人カラー全6色です。


 

卸のご注文も承ります。

f:id:Ayturk:20180215012401j:plain

AYTURKでは、オヤをはじめとした作品の卸注文も承っております。
長年にわたり、定期的にご注文をいただけるのは、本当にありがたいことです。

卸のご注文にも、対応できるように在庫をできる限り確保しておりますが、
どうしても、ご希望に添えないときもございます。すみません・・・
ご注文をいただいてから、作成ということもありますが、
お気軽にご相談ください。

さて、カラフルでキュートなラリエット「ドロップ」
HPでも、卸でも人気のアイテム です。

オーバル型のモチーフを大小並べたデザインがユニークで、かわいい。
オリジナルはミックスカラー。

その見た目から、
懐かしい缶入り「サクマドロップ」のイメージで名づけました。

f:id:Ayturk:20180215012810j:plain

トゥーオヤ - AYTURK/アイトゥルク

シンプルなつくりに見えて、
実はコレ、かなり難しい・・・技術の高い方でも1本180㎝を作るのに、
1週間程度かかります。
人気だけに、ご注文が重なると間に合わない!

AYTURKでラリエット「ドロップ」の作成担当は、1名です。
誰でも作れるわけではなく、
オヤの教室で教えている先生にお願いしています。
キレイな作りで、仕事も早い方ですが、それでも時間かかります。

レース編みをされる方ならば、
その難しさをわかっていただけるはず。

ユニークなデザインですから、
作り方のお問合せをいただくことも!

オヤの作品としても、
ユニークなデザインとしても、おススメのラリエット「ドロップ」
カラーバリエーション豊富にご紹介しています。

オーダーメイドの後日談/トゥーオヤ コットンストール

f:id:Ayturk:20180213225648j:plain

先日いただいたオーダーメイドのストールが完成!

「オリジナルのオヤ部分を、落ち着いたカラーに変更して」のご希望に、

レッドは、ワントーン暗い赤へ、
イエローはゴールドに近いベージュへ、
グリーンは、少しくすみがかったカラーに変更して、お作りました。

「ハーリカ!」

トルコ語で、すばらしい!の意味。
スタッフ一同、絶賛。

本当に素敵♡

ベースのストールが、黒ですから
赤は暗すぎずに、ある程度インパクトを保ちつつ、
ゴールドの渋さが上品!

カラー選びですべてが決まるオヤの作品つくり。
私たちが、まったく思いつかないカラーの組み合わせも、
お客様のお声から、生まれます。

とっても素敵なカラーの組み合わせ、
新作に、使わせていただこうと思っています。

ありがとうございました!

 

チューリップ社

f:id:Ayturk:20180210025558j:plain

 

カッパドキアは、トゥーオヤが盛んです。

トゥーオヤとは、鍵編みのこと。

使う鍵棒は、糸に合わせてかなり細いものと使います。まりで針のように。
そして、使っている鍵棒はほど100%チューリップ社のもの。

カッパドキアで、
それ以外の鍵棒を販売しているのをみたことないです・・・正直。
チューリップ社とは、もちろん!日本の会社です。レース編みをされる方なら、ご存じのはず。

昨年の秋に、イスタンブールで開催されたハンドメイドの展示会に、
日本の会社として出店されているチューリップ社のブースで、
社長さんとお話しさせていただく機会がありました。

f:id:Ayturk:20180210032642j:plain


針の技術は、日本が世界一だと。
日本の匠の技があってこそ、
研ぎ澄まされた質の高い細い鍵棒の針ができるのでしょう。

トルコで、これほど広くチューリップ社の鍵棒が、
使われていることを知ったときは、本当に驚きでした。

社長さん曰く、30年かけてここまで広まったのだと。

日本の技術あってこそ、
さらに会社名もすばらしい!

チューリップの花は、トルコの国花。トルコ原産の花です。
トルコ進出のために会社名を決めたのかと思ってしまったほど。
それは、ないそうです・・・たまたま、だとか。

展示会では、トゥーオヤ用ではなく、イーネオヤやメキッキオヤに使う
鍵棒の相談などさせていただきました。

 

オヤ糸・他

 https://www.ayturk.biz/product-list/9

さくらモチーフ

f:id:Ayturk:20180207025036j:plain

 

本日、ミーテング。
ご注文の進み具合の確認をして、新作デザインの相談です。

春はやっぱり・・・「さくら」
ストールでは、ご紹介していますが、
それ以外に「さくら」のモチーフの作品・・・そういえば無い!
ラリエットと、ピアスを作ることにしました。
ラリエットは、複数カラーを選び、3点。
シックなもの、パステルカラーを作ります。

 

f:id:Ayturk:20180207025911j:plain

コットン - AYTURK/アイトゥルク


そして、ピアス。
花のモチーフだけでは、ちょっと寂し気・・・
ですから、花+パールで作ろうと決めました。
パールをどんなふうに組み合わせるのか、
試作をとりあえず見てから最終決定の予定です。

f:id:Ayturk:20180207030128j:plain

ボンジュックオヤ - AYTURK/アイトゥルク



さらに、定番のリングのネックレスを長くして90㎝のラリエットを作ります。
このモデル、シンプルですけど好評なんですよね。
日本のお客様にも、それ以外の国の方にも。
SIMPLE IS BEST シンプル イズ ベスト です。

さらにピアスとストールのデザインを数点決めました!

完成が楽しみです!

オーダーメイド/4辺ぐるりとレースの花付き コットンストール

f:id:Ayturk:20180205173502j:plain

 

コットン - AYTURK/アイトゥルク

オーダーメイドのご注文いただきました。
AYTURKでは、お客様と相談しながら作るオーダーメイドも承っています。

今回ご注文いただいたのは、
「4辺ぐるりとレースの花付き コットンストール」
ご希望は、モチーフをもっと落ち着いたカラーで作りたいとのこと。
3年前に作ったストールをご覧いただいて、ご注文いただきました。

SOLD OUTの作品も、人気の高いものから順に作っていますが、
なかなかすべての作品を再作成には、追い付いていません。
こうして、お問合せいただけるのが、とってもありがたいです。

お話させていただきながら、
ベースのストールのイメージはそのままに、
レッドとイエローのトーンを抑えた渋めのカラーに変更することにしました。

ブラックのベースを引き立てるように、
花のモチーフを明るいカラーで作ったオリジナルよりも、
落ち着いて、大人の雰囲気に仕上がりそうです。

 

f:id:Ayturk:20180205174601j:plain



私自身のカラーの組み合わせは、やっぱり偏ります・・・
こうして、お客様のご意見から、新たな発見があることも多々あります。

また、フラットなローズのモチーフも、
最近手掛けていませんでしたが、改めて「やっぱりカワイイ」と再発見。
新しいモチーフを考えてばかりいましたが、
カッパドキアで昔から作られるモチーフも、改めて見直してみようと思いました。

お客様からは、
「自分の希望を叶えるAYTURKの作品を応援させてください」と、
メッセージもいただき、感激です。

さぁ、がんばろう!

 

春の贈り物として/シフォンストール「さくら」

 

f:id:Ayturk:20180203174503j:plain

ストール - AYTURK/アイトゥルク (Page 1)


立て続けに
「お世話になった方への贈り物にします」
というご注文をいただきました。

贈り物として、AYTURKの作品を選んでいただいたことに、
とっても嬉しくなったのはもちろん、
お世話になった70代・80代の方に贈りますとのこと。素敵なお話です♡

選ばれたのは、明るいカラーのストールです。
贈る方を思われて、お好きなカラーやお似合いになるカラーを選ばれて、
レースの飾りはもちろん「お花」

特に「さくら」のモチーフは、
これからの春に向けて、贈り物として喜んでもらえそうですね。

相手が喜んでくれるよう思って選ぶ・・・幸せなひと時です。
さらに、喜んでくれたら、とっても嬉しい!

じつは2月2日は私の誕生日。
お祝い!などおこがましいような年齢になり、
加えて忙しさに忙殺され、直前まで自分の誕生日忘れてました・・・笑

それでも、やっぱり誕生日は大切な日。
ささやかにお祝いしてもらい、プレゼントをもらい、
小さな幸せを感じた1日でした。

贈り物が届ける「幸せ」
贈る側も、贈られる側も幸せになれる、素敵な習慣です。