AYTURKのオヤ作り日記

トルコのカッパドキアでオヤのデザインを手掛けています。その日々の奮闘と完成までの道のりを、恥ずかしながらご紹介。

チューリップ社

f:id:Ayturk:20180210025558j:plain

 

カッパドキアは、トゥーオヤが盛んです。

トゥーオヤとは、鍵編みのこと。

使う鍵棒は、糸に合わせてかなり細いものと使います。まりで針のように。
そして、使っている鍵棒はほど100%チューリップ社のもの。

カッパドキアで、
それ以外の鍵棒を販売しているのをみたことないです・・・正直。
チューリップ社とは、もちろん!日本の会社です。レース編みをされる方なら、ご存じのはず。

昨年の秋に、イスタンブールで開催されたハンドメイドの展示会に、
日本の会社として出店されているチューリップ社のブースで、
社長さんとお話しさせていただく機会がありました。

f:id:Ayturk:20180210032642j:plain


針の技術は、日本が世界一だと。
日本の匠の技があってこそ、
研ぎ澄まされた質の高い細い鍵棒の針ができるのでしょう。

トルコで、これほど広くチューリップ社の鍵棒が、
使われていることを知ったときは、本当に驚きでした。

社長さん曰く、30年かけてここまで広まったのだと。

日本の技術あってこそ、
さらに会社名もすばらしい!

チューリップの花は、トルコの国花。トルコ原産の花です。
トルコ進出のために会社名を決めたのかと思ってしまったほど。
それは、ないそうです・・・たまたま、だとか。

展示会では、トゥーオヤ用ではなく、イーネオヤやメキッキオヤに使う
鍵棒の相談などさせていただきました。

 

オヤ糸・他

 https://www.ayturk.biz/product-list/9