AYTURKのオヤ作り日記

トルコのカッパドキアでオヤのデザインを手掛けています。その日々の奮闘と完成までの道のりを、恥ずかしながらご紹介。

今後の課題・・・

f:id:Ayturk:20181031183354j:plain

先月からたくさんのご注文が重なり、忙しかった~
パシュミナ他オーダーメイドのご注文に加え、
卸のご注文も重なり、皆であたふたする毎日でした。

ようやく大口のご注文も完成&発送を終え、日常が戻ってきた感じです。

今回いただいた大口のご注文は、
ラリエットとブレスレット、オランダからのご注文でした。
子供服のお店に、洋服とのコラボで置きたいとおっしゃっていただき、
オーダーメイドでご注文いただきました。

販売されている洋服のカラーに合わせて、ラリエットの色決めから相談し、
普段は作っていない、同系色のトーンでで作りました。

こうして、お客様のご希望のカラーで作ると新しい発見が多い!
ベージュトーンの複数色生成りベースにちょっと差し色、などなど
同系色だけでまとめるのも、素敵でした!
今度作ってみよう!

一方、問題だったのは・・・織子さんが足りない!

AYTURKの作品は、基本的にモチーフ&デザイン毎に担当者が一人。
作り手により、同じデザインでも完成すると異なる仕上がりになるのを避けるために、
担当者は一人なんですけど、
複数のデザインで、デザイン毎に10-20本を作成、
そこに個別の注文も重なり、織子さんたちにもかなりの苦労を掛けました。
皆、ありがとうね~

今後、考えなくちゃいけない課題は、作成のスケジュール組みですかね。
少ない人数で動いてますから、効率よく、皆で仕事をシェアできるようにしないと!

課題はいっぱい!
がんばろう!