AYTURKのオヤ作り日記

トルコのカッパドキアでオヤのデザインを手掛けています。その日々の奮闘と完成までの道のりを、恥ずかしながらご紹介。

冬はやっぱり、あたたかパシュミナストール

トルコのカッパドキアにある小さなお店「DAISY」の仲間と、
オヤのお仕事をさせていただくようになって、4年目を迎えました。

4年の年月の中で、生み出したものがいくつもあります。
新しいデザインを作りだすのは、本当に生みの苦しみ・・・
まったく、アイディアが出てこないことも、多々あります。

でもね・・・
完成品が想像以上に素敵で、またお客様にご好評いただいたときの
喜びは何にも代えがたいものです。
だから、このお仕事続けているんでしょうね。

さて、今年もご好評いただいているオヤレースを飾ったパシュミナストールは、
2年前に生まれました。

スカーフやストールをオヤレースで縁取りした作品は、
昔から作られていましたが、
そういえば・・・冬ものがなかった!
もともと、パシュミナやカシミアの肌ざわりが好きでしたから、
冬の暖かパシュミナストールを、オヤレースで飾ってみようと思ったわけです。

 

f:id:Ayturk:20180102152801j:plain



ポイントにしたのは、シングルカラーのベースパシュミナを使うこと。
これにより、オヤレースが引き立ちます。
オヤのモチーフでも、すべてのモチーフが、パシュミナに会うわけではなく、
これまた、悩みました。

試行錯誤の上に、昨年初めて作ったパシュミナストールは、
DAISYのお店の一番売れすじアイテムとなったわけです。

2年目の今年は、さらに新しいモチーフにも挑戦しました!
その一つがこちら・・・
ミックスモチーフです。
いくつかのモチーフを組み合わせて、ブーケのようなイメージに仕上げました。
複数のモチーフですから、くどくならないように、オヤ糸のカラーは、
同系色の組み合わせにしています。

可愛くできたので、春のストールでも、ミックスモチーフを使って作りたいなぁと思っています。

トゥーオヤ パシュミナストール

パシュミナ - AYTURK/アイトゥルク